aimer › 開運開運 › 家相を知って実践!「マイナスの影響を修正し、恋も仕事もお金も勝ち組に」(1)

2016年11月08日

家相を知って実践!「マイナスの影響を修正し、恋も仕事もお金も勝ち組に」(1)

by ルビー・ラクシュミー

aimerをシェアしよう!


こんにちは。命卜相3つの術を使う占い師、ルビーLです。


今回から5回にわたり、家の中の全体を家相という切り口で見直しましょう。見直すと、後ろ向きになりがちな心が、明るいほうへ、光のあるほうへと向くようになります。


1回目は、40代の結婚願望のある女性、Hさんの事例です。


今までの恋愛でなかなか結婚までに至らなかった方です。今回、ある男性とご縁があり、お付き合いを初めて5か月になるそうです。


早速、Hさんに住まいの図面を書いてもらいました。玄関が北、ベランダは南。西と東には開口部がない長方形のワンルームです。


Hさんご自身がわかっている問題は、部屋の大きさに比べ、持ち物の量が多すぎることでした。もはやどこから手を付けて良いのやら……ソファに積んだ衣服を見るたびに、とても彼を呼べないと思っていたそうです。


さて、まず図面の真ん中に宅心(家の中心)を出し、北方位を出します。宅心から45度ずつ八方位を書き入れます。方位には象意(象徴する意味)があります。


良いところが一つありました。南方位のベランダです。Hさん曰く「ベランダには何も置かないと決めています」とのこと。そのこだわりのおかげでしょうか。


南方位は、社会的地位や出世を表すところ。彼女は同じ会社に長年勤め、結果を出しているキャリアウーマンです。つまりHさんは、社会運はとても素晴らしく、今後の活躍も期待できるのです。


次は問題点です。それは東南の方位にありました。東南の象意は、結婚をする、良いご縁、交友関係を作るというところ。


東南方位には棚がありその中は、本や食器で満杯、またその棚があるためにベランダに通りにくくなっています。これは掃除機も通りにくいということです。


このままでは良縁を逃したり悪縁にほんろうされやすくなります。こちらをまず片づけること。出来れば棚も別の場所に移せば、すっきりと広くなります。


滞っていた気がベランダからの風で動きます。すると結婚運が上がると同時に、メールのやり取りも楽しくスムーズになるはずです。


東南を解決し、他の方位も目を向けて話していくとHさんは、「私、メディカルアロマを勉強したい」と思い出すように夢を語りました。恋も仕事もがんばって欲しいです。きっと彼を家に呼ぶ日も近いことでしょう。


過去にまったく逆の事例がありました。20代の女性のお宅でした。「資格試験に2度落ちて今回は必ず通りたい」という願望がある方で、家の問題点は南のベランダでした。


電化製品などの段ボール箱がたくさん立てかけてあり、雨風でごみと一緒になって良い気が入りにくく、また勉強の机の上も化粧品などが散らばった状況。これでは勉強も手につかず、不安にもなるなあと感じました。


片付けてからのその後は、集中力も出てきて見事、試験にも合格なさいました。


あなたのお住まいには、いい風と光が通りますか。心地よい香りが流れているでしょうか。家相的に、片づける場所の順番をお伝えいたします。帰りたい家、運気の上がる家に一緒にしましょう。


次回は、金運と家相の事例です。




関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。