aimer › 開運開運 › 家相を知って実践!「マイナスの影響を修正し、恋も仕事もお金も勝ち組に」(3)

2016年12月06日

家相を知って実践!「マイナスの影響を修正し、恋も仕事もお金も勝ち組に」(3)

by ルビー・ラクシュミー

aimerをシェアしよう!


こんにちは。命卜相3つの術を使う占い師、ルビーLです。


今回の家相は、相談者の持つ、パーソナルな部分での弱点を調べてから家相をみました。


人は、個別にそれぞれ天の気と地の気によって育ってきています。いいところも持っているけど生まれながらに持つウィークポイントがあります。


それをまず知るこが大事です。そしてそのウィークポイントをいかにカバーして、どんな風に今の生活に生かしていくのか、そういう視点で家相をみていきます。


ご相談者は、Pさん。「悩みというよりは、見失っているものを見つけるヒントになれば」という思いで鑑定に来られました。調べてみると、自己表現出来る特別な才能を持っていらっしゃる方でした。


それを伝えると、「習ったオペラを、ライブで自分のスタイルで歌っている」とPさん。「今後はもっと自分のステージを積極的に増やしたいですね」と私。活動の勝負時や、会社との兼ね合いなどをお話し、家相に移りました。


ウィークポイントの出し方は気学です。生まれた年の本命星とと月命星から割り出します。先天的性格や本質、秘められた才能や欠点を知ることができます。


Pさんの弱点は乾宮(北西)と巽宮(南東)でした。この2箇所の方位の象意は、北西は、指導力や物事を築き上げたり、上司を尊敬したり、金運があったりします。南東は、社会的信用や約束、結婚、入ってくるという意味があります。


ウィークポイントとは、それらのいい意味を受け取りにくいということになります。


北西方位の弱点は、呼吸器や血圧の心配があったり、また目上の人と対立したり我が強くなりがちです。南東方位の弱点は、出会い運と結婚運がまとまりにくい。それは迷いやすくなったり長い目で見ていくという我慢が欠ける気質があるからです。


図面を書いてもらうとき、Pさんいわく「今ちょうどリフォームに取り掛かるところです。家相を今日みてもらえるなんてタイムリーです」とおっしゃいました。お互いにわくわくしてきました。


リフォームする場所は、2箇所。


1)北西にあるお風呂と洗面所などの水周りを広くする⇒北西の水周りのリフォームは特に健康にもつながります。
2)南東のリビングを広げるように、結果、南に、六角形の張り出しを増築する⇒南東のリビングが広くなるので、今後良いご縁が期待できます。


前もって鑑定をしたかのようなリフォームの場所でした。


Pさんが今後、もっと自分にステージを与え、歌を自己表現していこうということが鑑定でわかった今、この場所のリフォームがもっともPさんの今後の行動力の一歩となりそうです。


「リフォームのテーマはルイ王朝風です」と恥ずかしそうにおっしゃいるPさんですが、格式の高いインテリアは北西や南にはぴったりで違和感はありません。


「ますますトキメクうれしいリフォームになりました」と言いながら、Pさんは明るい表情で喜んで帰っていかれました。


「自分のウィークポイントを知って家相を見直す」。そういうご提案をして、幸せに一歩ずつ近づいていただきたいです。ではまた。




関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。