aimer › こころこころ › ストレスによる体の不調を早めに察知 3 - 体調を整える

2016年08月29日

ストレスによる体の不調を早めに察知 3 - 体調を整える

by 斎藤美由紀

aimerをシェアしよう!


前回、便秘と頭痛、ストレスの関係についてお話ししました。
ストレスによって腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が鈍くなり便秘を起こし、便秘が頭痛を誘発するということでした。

便秘になると栄養分の吸収が妨げられるだけでなく、便が腸内に長く留まることにより毒素が発生します。更に腸の解毒作用の低下により毒素が体内に蓄積してしまい健康に害を与えるという悪循環に陥ってしまいます。

前回お話ししたように手足がむくんでいる方は毒素の蓄積が進んでいる可能性があります。たかが便秘と軽く見ずに、毎日の不要物の排泄には気を配ることが大切です。

便秘が起こるのはストレスだけではなく、
*善玉菌の減少、
*食物繊維の不足(野菜不足)、
*水分不足(脱水症状)、
*運動不足
など複数の要因が重なり合うことが原因です。

便秘を起こさないようにするには、これらの原因を取り除けばよいわけです。 

 食物繊維の多い食品を多く食べ、水分を十分に(一日約2?と言われています)取り、適度な運動(一日30分の軽い運動)をする。

そして善玉菌を増やす。
では、善玉菌はどのようにして増やせばいいのでしょうか?

善玉菌の代表と言えるのがみなさんご存知の乳酸菌です。乳酸菌はヨーグルトなどでお馴染ですね。
それ以外にも乳酸菌を使った発酵食品はいくつかあります。

おすすめは、オーストラリアの健康食品店に並んでいるオーガニック・サワークラウトとキムチです。乳酸菌発酵食品として定番の人気商品です。乳製品を食べないという方にはありがたいですね。

こちらでも発酵食品は大変評価されていて、ケフィア(ヨーグルトきのこ)、テンペイ(豆腐に似た発酵食品)などの商品も簡単に手に入ります。

そしてこれらの発酵食品に含まれる大事な要素が酵素です。

酵素はタンパク質、糖質、炭水化物、脂質の分解に欠かせません。また代謝酵素と呼ばれる酵素は細胞を造り上げたり、運動機能や免疫機能など体を機能させるためになくてはならない働きをしています。

呼吸や運動もそれを起こすための化学物質の化合に酵素が関わっています。酵素がなければ人は生きていけないと言ってもいいくらいです。

みそ、しょうゆ、納豆など、日本の伝統的な発酵食品には酵母菌が作り出した酵素が豊富です。また酵素は生の野菜や魚には含まれていますが加熱すると壊れてしまします。生のものを多く食べて酵素をたくさん取り入れましょう。

外食や加熱した食品ばかり食べているという方には酵素のサプリメントもお勧めです。
私のお気に入りはクイーンズランド州のロチウェイ(Rochway)社が出しているパパイヤ(Papaya) 35という商品。青パパイヤ(実と種)、パパイヤの葉、ザクロ を発酵させた酵素のサプリメントです。パパイヤとザクロには抗酸化作用があり老化を遅らせ、健康を害するフリーラジカル  を減少させる働きもあります。

フリーラジカルとは活性酸素に代表される電子が対になっていない分子構造を持つ物質のことです。強い酸化力を持っていて、他の物質の電子を奪って老化や病気を引き起こすといわれています。

そんなフリーラジカルを減少させてくれるパパイヤ35は甘酸っぱい液状なのでとても飲みやすいです。
毎日快便で、腸の解毒作用も活発になり毒素のない活力にあふれた体になりました。お試しになりたい方は下記の購入ページから申し込めば日本への発送もしてくれます。送料込みでAU$74.40 (日本円で約5850円)とお高めですが、翌営業日(一部地域では翌々日)には配送されるようです。

500ml で約一か月分です。
http://www.rochway.com.au/disorders/papaya-35-500ml.html#
 

腸は大切なデトックス器官です。善玉菌と酵素を多く取り入れて腸内環境を整え健康な消化吸収、排泄を心がけましょう。


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。