aimer › こころこころ › なりたい自分になれる方法 ― just do it!

2016年10月17日

なりたい自分になれる方法 ― just do it!

by 斎藤美由紀

aimerをシェアしよう!


今回でなりたい自分になれる方法、最終回です。

人生の中で実現できなかった夢の数々、誰にでもありますよね。若いころは芸能界に憧れたり、音楽活動をしたり、一流企業に就職を試みたり、海外で一旗揚げようと思ったり、、、あげたらきりがありませんよね。

才能がなかったから、チャンスがなかったから、お金がなかったから、親の理解がなかったから、実現しなかった理由はいろいろ挙げられます。

では夢を実現した人とそうでない人の違いは何でしょう? ラッキーか、そうでないか?

少し前の事ですが、あるビジネスブローカーとしてとても成功している方と知り合う機会があり、お話しを伺ったことがありました。その中でとても印象に残った言葉があります。

「資産を作れない人と作った人には歴然とした差がある。それは何だと思う?お金?No! 君は資産を作れない側の人だね。普通の人は、今あるお金で買えるものを探す。しかし資産を作って成功した人はお金がなくても手に入れようとする。その資産を手に入れるためにはどうしたらいいかと考えるんだ。発想がちがうんだ。」

彼は40年くらい前に初めて物件を買いたいと思った時のことを話してくれました。新聞記事の小さな広告を見て、なぜかわからないけど買わなければ、という気持ちになったそうです。

頭金として1千ドル(約十万円)いるといわれましたが、まだ20歳そこそこの若者にそんなお金はありません。ところが彼はどうしてもその物件を手に入れたかったので何とかして一週間で1千ドルをかき集め、銀行に掛け合ってローンを取り付け、その物件を手に入れることに成功しました。それからはその物件を元手にどんどん資産を増やしていったというのです。

普通の人なら手元に1千ドルがなければ諦めるでしょう。
私もそしてほとんどの人達も、お金がないから買えないと考えてしまいますよね。
それではいつまでたっても買えるわけがない、とその方は言いました。

これは前回の苫米地博士の話と共通しています。目標を作ってその目標を達成するために今、するべきことは何かを考え目標に向かっていく、ということと同じなのです。

歌が得意だから歌手になる、のではないのです。歌で感動を伝えたいから歌手になる、のです。そして、歌手になりたいから音楽を勉強し、歌のレッスンをする、のです。

目標に向かって行動し出すと、今ある知識やスキルだけでは足りないと感じ、達成のために必要な情報を集めたり新しく学んだりするようになるので、自ずと世界が広がります。その上、目的がはっきりしているので途中でぶれません。なりたい自分も同じです。

なりたい自分という目標をしっかり設定し、そのためにしなければならないことをすればいいのです。

このテーマで何度も同じことを繰り返しているようで申し訳ないですが、とても大事なことなので、この発想の違いをしっかり理解していただきたいと思います。

その方が、その時1万2千ドルで買った物件は今でも手放さずに持っていて(どの不動産も基本的には手放さないそうですが)、それが現在は40数万ドルの価値に上がっているそうです。

不動産のように数字には表せない「なりたい自分」ですが、もし数字に換算できるとしたら、今日1千ドルかき集めた結果が、40年で40倍どころか、50倍、100倍、あるいはそれ以上になっているかもしれません。そしてその経験を通して得たものはお金以上の価値となるでしょう。

彼の締めくくりの言葉はさらに印象的でした。
“It’s not the matter of can or cannot, it’s the matter of do it or not.” (できるかできないかの問題じゃあない。やるかやらないかってことだよ)

日本の格言にもありましたね。
「為せば成る、為さねば成らぬ、何事も」
なりたい自分になった先人の知恵は今も昔も変わらないのですね。



関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。