aimer › 美&健康美&健康 › カリスマ・パーソナル・トレーナーに学ぶ、人生の生き方って? オーストラリアの健康事情(前編)

2016年05月09日

カリスマ・パーソナル・トレーナーに学ぶ、人生の生き方って? オーストラリアの健康事情(前編)

by 斎藤美由紀

aimerをシェアしよう!


今回は、オーストラリアの州のなかで最大面積を誇る西オーストラリア州の州都、パース市での取材です。


目的は、カリスマ・パーソナル・トレーナー、クリス・リードさんにパーソナル・トレーナー(PT)の仕事についてお話を伺うためです。


PTのお仕事は、個々の体力、目的にあった運動を指導し、身体能力をアップするお手伝いをすること。治療マッサージ師とともに、近年オーストラリアで飛躍的に需要が伸びた職業のひとつです。


「カリスマ」「トレーナー」なんて単語が続くと、マッチョな肉体自慢がビシビシ厳しく指導するというイメージが膨らみがちですが、クリスさんはちょっと違います。


持ち前のフレンドリーさとユーモアでクライアントさんの心を自然と開き、心と身体の深い部分まで分析・理解してから運動メニューを決めてくれるのです。さらにセッションごとに成果を細かく記録してくれるので、クライアントも自分の成長度合いがよくわかる。おまけにモチベーションも上がって、さらに良い結果が出せるという好循環を生み出す名トレーナなのです。


ですから、クリスさんのセッションはとても人気があり、オージーたちの信頼を得ているのです。


結果が出るのは、クライアントさんの目的を達成させているからにほかなりません。目的は人それぞれですが、多い順に挙げると次のようになります。


・痩せる(オーストラリアもアメリカ同様に肥満大国で、生活習慣病が多い)
・健康体になる(痩せなくても運動能力、基礎体力を上げたいというニーズは多い)
・トライアスロンなどの競技に出場するためのトレーニング
・スポーツや事故によるケガの後のリハビリ


こうした目的をもとに、個人でトレーニングすると、実はトラブルや弊害が起きやすくもあります。たとえば、このように。


・筋肉を必要以上に使いすぎて傷める
・間違えたトレーニングにより筋肉や関節を痛める
・運動量が足りず筋力が伸びない
・長期的に続かず結果が出せない


個々の目的に沿うよう、適切なトレーニングを設定し、目標達成を促す。これがクリスさんのお仕事というわけですね。



クリスさんのクライアントである、リンさんという女性のトレーニングを取材。細かく記録したデータをもとに、リンさんの様子をチェックするクリスさん



しかし、「それだけじゃない。僕の仕事はね、筋肉を鍛えるだけじゃないんだよ」とクリスさん。スポーツ・トレーナーなのに、身体を鍛えるアシスタント以外に何があるのかと尋ねると、


「僕のクライアントの中には、会社での人間関係、夫婦関係のもつれ、うつ病といった、人生の中で直面する大きな問題を抱えている人もいるんだ。それがもとでトレーニングに支障をきたしてしまうこともある。心の問題を先に解決しなければどうにもならない場合もあるんだ。また、運動に打ちこむことで、問題から一時的に意識をそらして、何とかメンタルのバランスをとろうとしている人もいる。だから、心の面のサポートも大事な仕事の一部なんだ。大学で学んだ心理学が役に立ってるよ」


とのお答えが。


実は、精神面のサポートは、トレーニングの上でとても重要な要素だそうです。日々の悩みや不安をそのままにしておくと、トレーニング結果にも影響が出てしまうのは不本意ですよね。


心のケアについては、また別途、詳しくお伝えする機会を作りますね。次回は、引き続きクリスさんに「モチベーションが悪化してしまう、メンタルに悪影響を与えるトレーニング思考」について伺います。



関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。