aimer › 美&健康美&健康 › カリスマ・パーソナル・トレーナーに学ぶ、人生の生き方って? オーストラリアの健康事情(後編)

2016年05月16日

カリスマ・パーソナル・トレーナーに学ぶ、人生の生き方って? オーストラリアの健康事情(後編)

by 斎藤美由紀

aimerをシェアしよう!


西オーストラリア州の州都、パース市を拠点に活躍しているカリスマ・パーソナル・トレーナー、クリス・リードさん。


クライアントの体力、目的にあった運動を推奨し、身体能力をアップするサポートがオージーたちから高い評価を得ている彼ですが、取材をしていると、ふと気になることを口にしました。


「僕の仕事はね、筋肉を鍛えるだけじゃないんだよ」


どういうことかと尋ねると、クリスさんが続けてくれました。


「目的設定や達成結果だけに囚われて、プロセスを無視してしまうようなケースもあってね。そうなるとトレーニング中に自分がどれだけ成長しているか見失ってしまい、モチベーションに悪影響を与えてしまうんだ」


例えば3ヶ月という期間のトレーニングに対して、次のような数値目標を決めたとしましょう。


・(3ヶ月で)10kg痩せる
・(3ヶ月で)ウエストを10cm細くする
・(3ヶ月で)10km楽に歩ける(走れる)ようになる
・(3ヶ月で)トライアスロン大会の上位20位に入る
・(3ヶ月で)リハビリで元のように歩けるようになる


ところが、中にはその数字に固執するあまり、自分の上達に気付かないどころか、失敗したと捉えてしまう人もいます。たとえば、このように。


・(3ヶ月で)10kg目標だったのに、6kgしか痩せなかった
・(3ヶ月で)ウエスト10cm減目標だったのに、5cmしか減らなかった
・(3ヶ月で)10kmどころか7kmくらいでバテてしまう
・(3ヶ月で)トライアスロン大会で35位の成績までしか行けなかった
・(3ヶ月で)まだ元のように歩けていない


確かに目標数値には達していないかもしれません。でも、数字の陰に隠れた、目に見えない成長があるのも確か。そこに目を向けると、意外な発見もあるのです。


・(3ヶ月で)体重減は目標に達しなかったけど、体脂肪率が劇的に減った
・(3ヶ月で)ウエストは細くなりきらなかったけど、筋力が増した
・(3ヶ月で)前よりも足腰が強くなって疲れにくくなった
・(3ヶ月で)上位には食い込めなかったけど、順位が前回より10位上がった
・(3ヶ月で)歩くフォームが良くなって姿勢が良くなり若々しく見えるようになった


目標としていたもの以外の、いい成果は必ず出ているもの。クリスさんいわく、それに目を向けて励みにすることで、次につなげていくのが大切なのだそうです。


クリスさんは、たくさんの人と接した経験から、人生についても「まったく同じことだよ」と言います。


「仮に思っていたような結果が出ていなかったとしても、目標に向かってしっかり努力していれば必ずプロセスとしての成果が出ているはずだよ。そのためには、人生において目標を立てることはとても重要なのがわかるかい? 目標がなければ努力する対象もわからないままだし、達成するという結果を得ることもない。また、目標達成だけに目を奪われていると大事な成長のプロセスが見えなくなってしまい、そこで終わってしまう可能性があるんだよ。そうなると、心の健康を害してしまう恐れがあるから、日本の、aimer読者の皆さんも気を付けて欲しい」


目標を立てる。けれども結果に固執しすぎない。努力が生み出す副産物に気づき、自分を褒めてあげる……なるほど、そうすることで心と身体のバランスのとれた毎日が過ごせそうですね。


私たち、aimers(エイミーズ:aimer執筆者陣の愛称)は皆様の人生の目標達成のお手伝いをするパーソナル・トレーナーのようなものです。


皆様が目標だけに囚われることなくプロセスにも目を向けられるように、しっかりとサポートしていきますね。



▲左から、筆者、クリスさん、リンさん。トレーニングを終えた後のリンさんの満足そうな笑顔が印象的でした


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ

ピックアップ記事注目されています。


aimers一覧aimerの記事を書いています。